2012年04月24日

アドバイスにお金を払う

防犯戦略の一つ「アドバイスにお金を払う」

日本人には、「有料アドバイザー」をしている人は少ないと思います。

特に投資や保険に関するアドバイスを受けるのに、お金を払う人は少ないと感じています。

他人から知識を教えてもらうのに無料っておかしな話ですよね。

売り手側でも、中立でもない、顧客よりのアドバイスを貰うには、それ相応の対価が必要です。

2012年04月05日

お金はキレイ

防犯戦略の一つ「お金はキレイ」

親子間でもお金の話はタブー視されがちです。

相続を考えると一番しておかなくてはいけない間柄が親子です。

相続税が課せられる程の資産を持っている家庭は数%ですが、

1円足りとも相続税を払わないようお金の話はしておきましょう。

お金の話は汚い話ではありません。

2012年03月28日

貯金をしてから投資はダメ

防犯戦略の一つ「貯金をしてから投資はダメ」

投資をはじめるために、まずは貯金という方もいるでしょう。

そうすると貯まった時に投資をするのですが、そのときは「投資初心者」です。

これって危険だと思いませんか?

しかし、貯金をしながら投資をするとどうでしょう。

少ない金額で投資をすることになります。

勉強しながら投資をするということです。

どちらが良いかといったら後者ではないでしょうか。

2012年03月22日

保険のかけすぎはマイナス

防犯戦略の一つ「保険のかけすぎはマイナス」

リスクを補うための保険なのに、必要以上に保険をかけている状態の方が多いように思います。

保険は儲けるために加入するのではないのです。

保険は必要最低限にすることが重要です。


健康保険に加入している方は医療保険に加入する必要性は低いです。

高額療養費制度があるためです。


これは一例ですが、過剰なリスク対策はやめましょう。

2012年03月15日

金融機関の投資詐欺

防犯戦略の一つ「金融機関の投資詐欺」

投資詐欺のニュースを見ることがあります。

投資詐欺というのは引っかかっている最中には気づいていないものです。

うまい話はないということはわかっていても、イザ目の前にくると飛びついてしまうのです。

ちなみにまっとうな金融機関が販売している投資詐欺に近い商品もあります。

こちらは素人では判断できないこともシバシバあります。

投資は慎重に行いましょう。

2012年03月08日

確定拠出年金

防犯戦略の一つ「確定拠出年金」

企業年金のない厚生年金加入者が加入できる「確定拠出年金(個人型)」という制度があります。

所得税・住民税をたくさん払っている方や、老後のために投資信託などで運用している方におすすめです。

掛け金が全額所得控除の対象になります。

そして運用益は受給開始まで非課税です。

コレほど優れた老後資金対策はあまりありません。

2012年02月29日

退職金は期待するな

防犯戦略の一つ「退職金は期待するな」

よくローンを退職金で返済する計画を立てている方をみかけます。

しかし、将来退職金は支払われるのでしょうか。

・・・わかりませんよね。

ローンは借金です。

ご利用は誤計画的に。

2012年02月23日

上がってる時はバブルかも

防犯戦略の一つ「上がってる時はバブルかも」

投資は下がっている時にするのがベターです。

ですがわかっていても上がり始めてから投資をしてしまいがちです。

価値が上がってる時はバブルかもしれません。

それを頭においておきましょう。

おいておいても忘れてしまうものですから。

2012年02月16日

賭け事は投資じゃないよ

防犯戦略の一つ「賭け事は投資じゃないよ」

バイナリーオプションという金融商品(?)が流行り始めているようです。

これから数時間後の為替や株価が上がっているか下がっているかを予想する商品です。

当たれば倍近くになり外れれば0になるというのです。

これは賭け事ですね。

賭け事が悪いとは言いませんが、投資とは違うことを理解してください。

2012年02月09日

医療保険は不要

防犯戦略の一つ「医療保険は不要」

日本人は国民皆保険制度です。

医療費は月に収入によって変わる限度額(緩和額)が設定されています。

さらに健康保険組合の場合は優遇制度があったりします。

ちなみに病気になっていても入れるのが国保と健保です。

医療保険は入れないか、条件付きでの加入となります。

さて、月に限度額(緩和額)が設定されているのに、

さらに手厚く入院の医療保険などはほんとうに必要でしょうか。

しっかり検討の上ご加入ください。