« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月 アーカイブ

2011年08月03日

個別債券投資は行わない

防犯戦略の一つ「個別債券投資はしない」

一般投資家が行える個別債券は流動性が著しく低いです。

「買い」は基本的に新規発行時にしか行えない。行えても条件が不利になることが多い。

「売り」は基本的に行えない。行えても条件が不利になることが多い。

このことから個別債券投資は「個人向け国債」「債券CFD」以外では行わないことをオススメします。

2011年08月10日

売り手は敵

防犯戦略の一つ「売り手の言うことは聞かない」

売り手は売りたい商品を売ってくる。

それは売りたい商品で自分が儲かるから。

売り手の言うことだけを聞いて投資するのはあまり頭がイイとは言えません。

自分でしっかり勉強をして理解して投資する。

これが重要です。

2011年08月16日

コストを気にする

防犯戦略の一つ「コストを気にしろ」

投資をするにはコストが掛かる。

深く掘り下げていったらコストのかからない商品は無い。

「普通預金」「個人向け国債」ですらコストがかかっていると見ていいだろう。

「株式」は売買手数料がかかる。

「投資信託」は主に購入手数料、信託報酬がかかる。

コストは確実なマイナスリターンです。

同じような商品でしたら、コストの安い商品を選ぶことも重要な観点になります。

2011年08月24日

資産分散

防犯戦略の一つ「分散投資しよう」

一つの資産、あるいは値動きの相関関係が高い資産ばかりに投資するのは危険です。

値動きの相関関係がなるべく低い資産に分散投資することが、

資産運用ではリターンを減らさずに、リスクを減らすことが過去のデータから読み取れます。

よく言われるのは、国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の4つの資産クラスに分散しましょうというものです。

どの割合が理想かというのは人それぞれ違うと思います。

「アセットアロケーション」というキーワードで調べてみるとよいでしょう。

2011年08月31日

買値を気にするな

防犯戦略の一つ「市場と(自分の)買値は関係ない」

たまに
「買値の10%下がったら損切れ
」「買値の10%上がったら利確しろ」
とか見かけます。

でもおかしいと思うのです。

市場は自分の買値なんて気にせずに動きます。

自分の買値を気にしているのは自分だけです。

たしかに利益か損失かは大きな問題ですが、

投資というものはそれだけで売買するものなのでしょうか。

違うと思います。

投資している対象が買った時と比べてどうなっているのかを見て判断すべきではないでしょうか。

もちろん感情が入ってしまうのですが。

About 2011年08月

2011年08月にブログ「CFDを防犯戦略」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年07月です。

次のアーカイブは2011年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37